初心者でも大丈夫|ピアノレッスンで才能を発揮

メガネのメンズ

求められている人材

手

日本は前例のない高齢化社会に突入しています。福祉や介護の現場では、人材の確保が早急の課題となっており、慢性的な人手不足に悩まされているところです。社会福祉士は、介護の現場で常に求められている人材で、新潟でも高い就職率となっています。社会福祉士になるには、福祉や医学など幅広い専門分野の知識と経験が必要になります。国家資格の受験資格を得るまでに専門的な学習や経験が不可欠ですし、国家資格の受験資格を得た後は、社会福祉士の国家試験に合格する必要があります。強い使命感、責任感と高い集中力で数年をかけて取り組まなくてはなりません。社会に必要とされ、現場でのやりがいのある専門職であるが故に、簡単に取得できる資格ではないのです。

新潟で社会福祉士をめざすなら、福祉系の大学で専門課程を学ぶのがおすすめです。新潟にも福祉系の大学がありますので、まずは資料請求してみることからスタートするとよいです。福祉系の大学なら、卒業時に社会福祉士国家試験の受験資格を取得することができるので、一般の大学よりも時間が短縮できます。一般の大学を卒業すると、実務を1、2年経験する必要があったり、一般養成施設に1年以上通学する必要があったりするので、それだけ時間だけでなく費用もかかります。新潟に限らず社会福祉士の仕事は、人と関わる仕事なので、コミュニケーション能力も求められます。共感的な話の聴き方やわかりやすく的確に伝える能力ができるように自分を磨くことも大切です。