初心者でも大丈夫|ピアノレッスンで才能を発揮

メガネのメンズ

危険物の資格が人気

作業員

就職に有利

危険物取扱責任者乙種第4類、通称危険物乙4の資格を持っていると就職に有利になります。例えば、ガソリンスタンド、タンクローリーの運転手、薬品工場や金属精錬工場、メッキ工場、ビルの管理業務など危険物を取り扱っている職場で有利になります。また、ガソリンスタンドでは危険物乙4の資格を取得しているだけで手当てがついて時給アップになるガソリンスタンドも数多くあります。そもそも危険物乙4は、危険物取扱責任者の甲乙丙がある乙の中で6種類ある中の4番目にあたります。危険物乙4は、エタノールやガソリン、灯油、軽油などが試験の範囲であり、これらの液体を取り扱いそして管理できる資格なのです。一般的には4類から取得するとされています。

学習方法

危険物乙4の資格ですが、簡単ではありませんが、それほど難しいという資格でもないです。合格率は毎年30%〜40%前後とされています。試験はすべて選択問題となっています。重要な語句や法令を暗記していれば、合格レベルまで達することができます。工業高校によっては危険物乙4が取得できる学科もありますが、工業高校出身でなくて、まったく初めて危険物取扱責任者を勉強する方であっても書店で販売されている問題集やテキストを繰り返し勉強をすることで、合格も夢ではないのです。また、危険物乙4を取得したらさらに上の資格である甲種を目指すことができます。甲種は大学で必要な単位を取得しているか、乙種で4つ以上の種類を取得、乙種資格を取得して2年以上の実務経験があるのでいずれかを満たせば受験できます。